HAM管理番号
078

以下の基本情報は本ページ作成時のものです。


●○基本情報○●


仮名
たんぷ くん

性別
男の子

生年月日
2021年04月xx日

種類
ジャンガリアンハムスター

毛色
パールホワイト

出身地
台湾

性格
回し車が大好きです。
人間に対しては好奇心旺盛で、ケージから手のひらに飛び乗ってくるくらいにフレンドリーです。

食欲
あり

現在の主食
・ペレット
・ブロッコリースプラウト
・チキンペースト

便の状態
問題なし

病歴
元々は健康的な子でしたが、同じケージ内にいた子と喧嘩して、そのときのケガが原因で脱毛が目立つようになりました。

その他状態(毛並み、ケガなどしてないか)
現在は胸部と頭から背中にかけて脱毛あり。
動物病院で毛の真菌検査を実施し、現在2週間の結果待ちです。
毎日飲み薬と1週間に1度の通院を行っています。

(2022/03/26追記)
真菌検査の途中経過(本来は2週間の時間を要する)
左側がたんぷくんのビン、右側はあんずちゃんのビン。
たんぷくんのビンのみ、この1週間で新たなカビが発生した。(ビンの中で白くなっている部分がカビ)

■保護経緯
第三者からの情報提供を受け、ペットショップより保護をしました。
ふゆりくん(HAM079)・あんずちゃん(HAM080)・ねおくん(HAM081)と一緒に保護されました。

この子のいるエリア
千葉県

保護日
2022年03月18日


●○お世話情報○●


現在の居住状態
床材:ごきげん快適マット
給水器:差込型
回し車:サイレントホイール15
巣箱:小動物のアニマルドーム
ごはん皿:陶器製
トイレ:SANKO ドワーフハムスターの快適トイレ
ケージ:グラスハーモニー450

■特記事項(生活スタイル、リズムなど)
・日中はほとんど寝ています。
・野良寝をするくらい安心しています。
・活動開始は19時~20時頃で回し車で爆走を始めます。
・おしっこはトイレは使わずに、ケージのすみっこでします。
・食事はペレットを含め、適度に食べてくれています。
・俊敏に動きますが、意外とおっちょこちょいです。


●○預かり報告○●(最新の画像や動画はコチラ)


報告日:2023/03/13
食欲:あり
体重:40.7g
便の状態:問題なし
その他特記事項
毎日、飲み薬と目薬を頑張ってくれている。
片目はまだ改善されているとは言えないが、悪化しているわけでもない。
体重が少し減ってきたが、本ハムは日頃からへやんぽ催促も激しく、ごはんも食べているので、単純に老化で減ってきているものと思われる。

報告日:2023/03/04
食欲:あり
体重:42.1g
便の状態:問題なし
その他特記事項
毛並みは相変わらず。
食欲はわりと維持できてる。
左目が少し開きづらそうにしているが、見た目はそんなに腫れているわけではない。
上瞼の裏側が少し腫れぼったいカンジがするので、抗生剤が入った目薬を処方してもらった。

報告日:2023/02/28
食欲:あり
体重:41.3g
便の状態:問題なし
その他特記事項
最近食欲がちょっと落ちてきているたんぷくん。
回し車を回したり、美味しいウマウマは食べたりしてるので具合が悪いとかではなく、単純に老化で食欲が落ちてきていると思われる。
毎日隙あらば へやんぽと砂浴びをねだってくるので、本ハムはまだ活力に溢れている。

報告日:2023/02/18
食欲:あり
体重:43.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項
おハゲ具合は相変わらず。
悪化はさせず、現状を維持をするという方針に変わりはないので、また同じお薬で様子を見ることに。

報告日:2023/02/14
食欲:あり
体重:43.1g
便の状態:問題なし
その他特記事項
おハゲが悪化しているような気配はない。
元気も相変わらずあるが、ペレットのお残し具合がちょっと気になる。
でも、ペレット以外のものは率先して食べるので、食欲がないわけではなさそうだ。

報告日:2023/02/04
食欲:あり
体重:43.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項
ステロイドの量を戻したタイミングから、食欲が4割くらい減った。
単純に加齢で落ちた可能性も高いが、念のために今回はお薬の量をまた少し減らした。
それでハゲ具合と食欲に変化があるのか経過観察。
ちなみに、たんぷのハゲは状況証拠的に紙床材アレルギーという可能性は皆無らしく、アレルギー反応があれば皮膚の充血もあるはずだが、そういったものも見られない。

報告日:2023/01/21
食欲:あり
体重:44.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項
おハゲの範囲がほんの少しだけ広くなったように見受けられる。
徐々に減らしてきたステロイドの量を、一旦一段回戻し、それで再び様子を見ることに。
最近は食欲もちょっと落ちてきたが、元気は相変わらずすごくある。

報告日:2023/01/08
食欲:あり
体重:45.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項
動物病院にて診察。
毛並みも悪化してないので、さらにステロイドを減らしたお薬でも大丈夫そう。

報告日:2022/12/28
食欲:ある
体重:44.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項
動物病院にて診察。毛並みは悪化している様子はない。前回のお薬でも十分現状維持できてるっぽいので、引き続き同様のものを使っていく。本人は相変わらず元気があるが、月齢を重ねてきた影響か、背中を触ると少し背骨の硬さが目立ってきた。

報告日:2022/12/15
食欲:あり
体重:45.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項
動物病院にて診察。
毛並みは悪化している様子はない。
皮膚の赤みも収まってきて、痒がっている様子もなさそう。
ステロイドの量を少し減らしてみて、悪化しないようであれば、そのお薬を今後も続けていくことに。(ステロイドは少し身体への負担もあるため)
次回の診察は12/28予定。

報告日:2022/12/03
食欲:あり
体重:46.3g
便の状態:問題なし
その他特記事項
毛並みは維持できているように見える。
今のお薬との相性も良さそうなので、次回の診察においても悪化しているようでなければ、今後はお薬だけの処方で良いかもしれない とのこと。

報告日:2022/11/29
食欲:あり
体重:45.6g
便の状態:問題なし
その他特記事項
お薬の効果か、おハゲの進行は結構止まってそう(生えてきたというわけではない)
ごはんは相変わらずモリモリ食べる。
たんぷは わりとアクティブに動く子ではあるが、ちょっとジャンプしたときの着地の仕方とか、砂浴び場での動きが やはりおっちょこちょいだなとは思う。
あんずちゃんが繊細で素早い動きをするのに対し、たんぷは大胆に雑な動きをする。

報告日:2022/11/05
食欲:あり
体重:45.1g
便の状態:問題なし
その他特記事項
前回のお薬が少し効いたのか、産毛のようなものが薄ら生えてきているように見受けられる。(劇的な変化というわけではない)

お薬が効いているかもしれないので、同じお薬を続けてみることに。

たんぷくん自身は相変わらず元気である。

報告日:2022/10/22
食欲:あり
体重:46.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項
ハゲ具合は意外とほとんど進行していない。
ニキビダニのお薬を中断して悪化していないということは、ニキビダニへの免疫が弱くてハゲている というわけではなさそう。

皮膚に引っ掻いたような傷や赤みはないので、痒すぎて困ってる というわけではなさそうだが、診察中に毛繕いしてた箇所が ちょうどハゲてた部位なので、毛繕いとハゲは因果がありそう。

お薬の種類を変えてみて、再度経過を観察。

報告日:2022/10/08
食欲:あり
体重:47.2g
便の状態:問題なし
その他特記事項
頭のてっぺんから首にかけてのハゲが少し悪化。
改めてニキビダニの検査をした結果、今回はニキビダニは検出されなかった。

とりあえず今回でニキビダニのお薬は中断し、飲み薬は前回と同じものを処方。
それで著しく悪化したり、痒がったりしないか経過観察を行う。

また、たんぷくんはホルモン(甲状腺)に対するお薬を使うと、体調を崩したことが過去にあったので、そういった治療はしないほうが良いかもしれない。

代わりに、自然な方法で本人の免疫力の向上を狙いたい。
・生のお野菜をあげる
・栄養価の高いミルクをあげる
・動物用のUVランプを用いる(ガラス越しでは得られない効果がありそう

たんぷは よく野良寝をする子なので、UVランプは効果が得られやすいかもしれない

報告日:2022/09/24
食欲:あり
体重:49.2g
便の状態:問題なし
その他特記事項
ハゲ具合は現状維持できているっぽい。
しかし、タマタマのデキモノ(先生の見立てでは良性)が少し大きくなっているように見受けられる。
また、腰の側面の片方だけ ぷくっと盛り上がってる部分があり、この位置にある内蔵が関係しているのかと思ったが、これもどうやら何かのデキモノとのこと。
とりあえずまた2週間時間を置いてみて、腰のデキモノが大きくなるスピードが早ければ悪性の可能性もあるので、その時は手術も検討することに。

報告日:2022/09/18
食欲:-
体重:-
便の状態:-
その他特記事項
おハゲの状態が改善しないことと、年齢的にも約1歳半になるのでサポートファミリーになりました。

報告日:2022/09/10
食欲:あり
体重:49.2g
便の状態:問題なし
その他特記事項
本日通院日。
今回までは病院でダニのお薬を投与。
飲み薬に関しては、前回から少し成分を変えたものを処方。
また2週間様子見て、脱毛が深刻なくらい悪化するようなら、副作用の可能性もある薬の処方を検討することになった。

ちなみに、たんぷは家から頬袋に持参してきたウマウマを、診察中にモグモグマイペースに食べてた。
診察中でもとんでもなくリラックスした子だと先生にも笑われてた。

報告日:2022/08/27
食欲:あり
体重:45.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項
毛並みは少し悪化して、脇腹の毛が薄くなった。
左右対照に禿げてきてるので、ホルモンが原因で禿げている可能性が高い。
皮膚の充血具合は多少良くなったかも。

新たなサプリを含めた飲み薬で2週間経過観察。
また、今回もイベルメクチンを病院で投与した。

報告日:2022/08/12
食欲:あり
体重:45.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項
皮膚全体が充血してる。
また、顕微鏡で皮膚(毛)の状態を観察する際に、ニキビダニが多いように見受けられた。

以下を配合した1本の飲み薬をもらったので、1日2回飲ませる。
・アポキルというかゆみ止め
・ビクタスとメタカム抗生剤
・トランサミン
・総合ビタミン剤(ネクトンBAIYO)

ダニの薬であるイベルメクチンを今回病院で投与したので、2週間の間にどれくらい効果があるか観察。

爪が伸びてきたので、ついでにカットした。

報告日:2022/08/06
食欲:あり
体重:45.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項
食欲は維持できている。
ハゲ具合は変化ないが、全身を毛づくろいする頻度も増え、ハゲが一向に良くならないので、一度都内のエキゾ病院で精密検査を受けることに。
8/12(金)に予約済み。

報告日:2022/07/23
食欲:あり
体重:44.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項
食欲は維持できている。
ハゲ具合は変化なし。
麹菌で作られたサプリ(R &Uというサプリ)を使う(非メラトニン)を処方されたので、これで2週間様子を見る。

報告日:2022/07/09
食欲:あり
体重:44.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項
毛並みは頭の毛が少し禿げてきた。

呼吸が少し早いかも?(要観察)

体重も減ってたので、念のためにレントゲン撮影。
レントゲンを撮ったが、肺や心臓には異常がなさそう。

ハゲの治療は一旦止めて、食欲を復活させるお薬を処方。
体重が増えてきたら、またハゲ治療を再開する。

たんぷは1週間後に再診。

報告日:2022/06/25
食欲:あり
体重:49.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項
毛並みは変化なし。
タマタマのイボも変化なし。
前回カビ検査も行ったが、結果としてはカビは居なかった。(ハゲの原因が再び分からなくなる)

甲状腺が悪くて毛が生えないことがあるらしいので、甲状腺の薬を試してみる。
最近は 無意味なへやんぽアピールはやめて、ケージ内で回し車を大移動させて、独自の模様替えをしてまったりしている。
そして、朝カーテンを開けて明らかに明るくなってから、なぜかハウスの外に出てきて、野良寝をすることがたまにある。

報告日:2022/06/11
食欲:あり
体重:50.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項
毛並みは変化なし。
タマタマにイボみたいなものができた。(急激に大きくなっているわけでもないので、良性のイボだと思われる)

報告日:2022/05/28
食欲:あり
体重:49.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項
毛並みは変化してないので、前回のニキビダニの薬は効果なし。
サプリを使って様子を見る。

報告日:2022/05/13
食欲:あり
体重:52.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項
お腹のハゲがなかなか治らない。

報告日:2022/04/30
食欲:あり
体重:51.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項
2週間ぶりの通院。
毛並みはやはり変化なし。(悪化しても良くなってもいない)
まだカビがいるのか改めてチエックするために、再び酵母検査を実施。
検査結果は2週間後だが、早ければ1週間くらいで判るかもしれない。
たんぷくん本人はいたって元気で食欲もあるが、それゆえに未だに毛が生えてこない原因が不可思議だ。

報告日:2022/04/25
食欲:あり
体重:50.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項
たんぷくんは2021年4月生まれなので、今日を誕生日にして、豆腐ケーキでお祝いした。
毛並みはあまり変わったようには見えない。
毎日たくさん食べて、たくさんウンチをしている。
人間の姿を見かけると猛烈にアピールしてくる。

報告日:2022/04/12
食欲:あり
体重:47.7g
便の状態:問題なし
その他特記事項
毎日爆走し、相変わらずエネルギーは有り余ってる様子。
最近は 野良寝をするようになり、今の環境にも慣れてきた模様。
そしてトイレで おしっこすることを覚えた。
毛並みはほぼ変わってないように見えるが、次回の通院時に改めて経過を確認。

報告日:2022/03/26
食欲:あり
体重:47.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項
毛並みについては、あんずちゃんと違ってほぼ変化なし。(良くも悪くもなっていない)
真菌検査はまだ2週間経っていないが、たんぷくんのビンは新たにカビが発生したので、たんぷくんの脱毛はカビが原因であるとほぼ断定することができた。
ケージ内における床材は、ハウス付近のみ床材を設置し、それを毎日全部取り替える。
また、ケージ内はお湯とアルコールによる消毒も実施する。
これまではマラセチアというお薬を使っていたが、動物のカビ治療により有効とされるアガリスクに切り替える。
これを1週間飲み薬として飲んでもらい、経過を観察する。

報告日:2022/03/24
食欲:あり
体重:47.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項
胸あたりの毛がかなり脱毛している。
カビ対策の薬(酵母を減らす)とサプリを混ぜた飲み薬を処方。
この子も念の為に背中に塗るタイプの薬(エボリューション)を投与。
次の診察は1週間後。

報告日:20xx/xx/xx
食欲:xx
体重:0.0g
便の状態:xx
その他特記事項

報告日:20xx/xx/xx
食欲:xx
体重:0.0g
便の状態:xx
その他特記事項

里親応募はコチラから