HAM管理番号
052

以下の基本情報は本ページ作成時のものです。


●○基本情報○●


仮名
のぼる くん

性別
男の子

生年月日
不明
推定1歳前後

種類
ゴールデンハムスター

毛色
キンクマ(色薄め)

出身地
不明

性格

食欲
あり

現在の主食
・GEX ハムスタープレミアムフード ゴールデン専用
・ひかりハムハム
・イースター ハムスターセレクション
・ブロッコリースプラウト
・乾燥野菜

便の状態
問題なし

病歴
腹部ハゲ、ダニがいた

その他状態(毛並み、ケガなどしてないか)

■保護経緯
多頭崩壊のお宅よりレスキュー依頼があり保護しました。
いとくん(HAM047)じゅえるくん(HAM048)むぎくん(HAM049)茶介くん(HAM050)クリームくん(HAM051)てんくん(HAM053)れいくん(HAM054)と暮らしていました。

保護日
2021年08月08日


●○お世話情報○●


この子のいるエリア
千葉県

現在の居住状態
床材:ごきげん快適マット
給水器:置型(ドームサーバー)
回し車:サイレントホイール21
巣箱:木製
ごはん皿:陶器製
トイレ:SANKO ハムスターのバスハウス 透明ワイド
ケージ:衣装ケース(幅69×奥行47×高さ38.5cm)

■特記事項(生活スタイル、リズムなど)


●○預かり報告○●(最新の画像や動画はコチラ)


報告日:2021/08/22
食欲:あり
体重:144.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項

  • 手足やお腹にプクッと腫れが複数あり
    そのデキモノを自分で噛んでいるのか、出血痕が見られる。

先生の見立てでは、リンパ腫ではないかと推測。
リンパ腫だった場合には、現在の医学では治す術がない(切除手術をしてもキリがない)ので、ステロイドなど対処療法で、リンパ腫が発生するスピードを抑えるしかない。

細胞診の結果、やはりリンパが異常に含まれていたため、ほぼ間違いなくリンパ腫。

報告日:2021/08/18
食欲:あり
体重:0.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項
のぼる は下半身のハゲが全体的に酷い子で、手乗りさせたときの手触りが明らかに違う。
お薬は自分から進んで飲んでくれて、手間がかからない子。
日中は専らハウス内に籠もっているが、チャンスがあれば脱走したいと思っている素振りがある。

報告日:2021/09/05
食欲:あり
体重:136.0g
便の状態:ステロイドの影響でおしっこの量が増えてる
その他特記事項:予想していたよりは、大きなリンパ腫は新たにできていない。
のぼるくんは細かい頻度で健診したいので、また1週間後。
病院から無料でサプリをもらった。

報告日:2021/09/12
食欲:あり
体重:132.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項:胸のリンパ腫が化膿してきている。
化膿してきているのは細菌感染を起こしているので良くない。
飲み薬の種類を変えつつ、塗り薬を併用して様子を見ることに。

報告日:2021/09/18
食欲:あまり
体重:127.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項:ステロイドの影響で胃が弱ってきて、食欲が落ちたと思われる。
今回は胃を治癒する成分を含んだお薬を処方。
ツルツルの肌だった場所に、産毛がかなり生えてきた。

報告日:2021/09/26
食欲:あまり
体重:120.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項:先週より食欲自体は上がったように見えていたが、体重は落ちている。
チキンペーストは毎回完食してるので、今日からふやかしたペレットとチキンペーストを混ぜたものを与えることに。

報告日:2021/09/29
食欲:ほぼなし
体重:105.0g
便の状態:おしっこのみ(おしっこは頑なに おトイレでしようとする)
その他特記事項:強制給餌で少しでも体温を維持するカロリーを作り出させていましたが、本日の未明に旅立ちました。
少し苦悶が浮かんだ寝顔だったので、のぼるくんは最後までリンパ腫との戦いが辛かったと思います。
今回の低体温はほぼ予兆がない状態で突然来ましたが、体重自体は日に日に少し落ちてきていたので、もしかするとそれが最初の予兆だったのかもしれません。
毎日お薬飲んで、毎日塗り薬もして、毎週病院にも通っていたのぼるくん。
約2ヶ月しか一緒に居られませんでしたが、歴代の保護ハムの中でもお利口さんな子でした。
のぼるくんのことを応援していただき、ありがとうございました。
のぼるくんはハムメディア霊園に献花と、たくさんのウマウマと共に埋葬されました。

里親応募はコチラから