サポートファミリー

サポートファミリーとは

サポートファミリーとは、年齢やケガの状態を考慮し、里子に出すべきではないと判断した保護ハムたちの『家族』として応援・寄り添うことを指します。
サポートファミリーハムスターのお世話をしているスタッフと、ハムメディアをご寄付という形で応援してくださる皆様がサポートファミリーとなります。
(寄付金の金額に制限は設けておらず、すべてのご支援者様がサポートファミリーの一員です)

ハムメディアが保護するハムスターは、ケガや病気を患っていたり、すでに高齢の子が多い傾向です。
若いハムスターはケガや病気が回復した後、新しいご縁が望めますが、高齢の子や重い病気の子は新しい環境に移ることによって大きなストレスを感じ、最悪死に至る可能性もあります。
私たちはそういった点を考慮し、里親を募集を行わずハムメディアが終生飼養をする『サポートファミリーハムスター』にしよう という判断をすることもあります。

里親募集をしないからといって、お世話と必要な治療は継続します。
しかし治療も積み重ねると、その子たちの治療費はどうしても高額になってしまいます。また、高齢な子や病気の継続治療が必要な子を預かっているスタッフと家族は、生活面で多くの時間を割いている現状があります。
新しい飼い主として保護ハムを迎えることはできないけれど、気になっている保護ハムがいて応援をしたいと思っている方、保護ハムたちのサポートのご協力をお願いできないでしょうか?

新しいご縁を結べない子であっても、サポートファミリーがついている。
そのことが私たちにとって、今後の活動を継続していく上での大きな力となります。
皆さまのご無理のない範囲でサポートファミリーになっていただけると幸いです。

 

腫瘍のせいで砂浴びができませんでしたが、術後砂浴びができるようになり、こんなにキレイになりました。

現在サポートを必要としている子

HAM051 クリームくん

種類:ゴールデンハムスター(キンクマ)色薄め
性別:男の子
生年月日:推定1歳前後
保護日:2021年08月08日
病気:肝臓に石が見つかりました。毛のボサボサもその内臓疾患によるものだそうです。骨も状態が悪い。高齢か、よっぽど栄養状態が悪かったか…と考えられるそうです。治療で治るものではないので食事と投薬で状態を維持する必要アリ
10/24より抗がん剤治療開始
詳細はコチラ

HAM039 ハグちゃん

種類:ジャンガリアンハムスター(ノーマル)
性別:女の子
生年月日:不明
保護日:2021年07月23日
病気:経過観察中に肛門付近からの出血を確認し、診察の結果、ハグちゃんが見た目よりも高齢であることと、重篤な状態であることが判明しました。
方針:終生飼育。通院にて治療継続。
詳細はコチラ

HAM033 ハムオくん

種類:ジャンガリアンハムスター(スノーホワイト)
性別:男の子
生年月日:2018年12月xx日
保護日:2021年04月14日
病気:加齢による白内障
方針:終生飼育
詳細はコチラ