HAM管理番号
080

以下の基本情報は本ページ作成時のものです。


●○基本情報○●


仮名
あんず ちゃん

性別
女の子

生年月日
2021年08月xx日

種類
ジャンガリアンハムスター

毛色
ノーマル

出身地
台湾

性格
人に対してとてもフレンドリーです。
手を差し伸べれば自ら近寄ってきて、手乗りもしてくれます。

食欲
あり

現在の主食
・ペレット
・グリンピース/とうもろこし/ニンジンのミックスベジタブル
・ブロッコリースプラウト
・おやさい系のぴゅーれ

※ペレットが主食ではなかったため、現在少しずつペレットに慣れていってもらってます

便の状態
問題なし

病歴
店頭に生体が入荷された時点で、ケンカでケガをしていました。
移送中のトラックで他のハムちゃんとケンカをしたものと推測されます。
ケガは程なくして完治しましたが、ケガをした部位の周辺が著しく脱毛し始めました。

その他状態(毛並み、ケガなどしてないか)
現在は胸部、腹部、腕にかけて著しい脱毛が見られます。
動物病院で毛の真菌検査を実施し、現在2週間の結果待ちです。
毎日飲み薬と1週間に1度の通院を行っています。

(2022/03/26追記)
治療を開始して1週間ですが、早くもお腹周りに毛が生えてきました。
お薬はあんずちゃんが少しでも飲みやすくするために、少し種類を変えて、それを1週間続けて経過を観察します。

(2022/09/03追記)
脱毛と並行して胸のデキモノの大きさが看過できないサイズになってきたので、9/2に切除手術を行いました。
手術は無事に成功し、9/3に退院しました。
切除したデキモノは病理検査を行い、今後また再発しうるものなのか等調べて参ります。

(2022/09/10追記)
術後の経過観察も兼ねて再診したところ、傷口は順調に塞がっていました。
あんずちゃんは術後も変わらず元気な動きをしていたので、この1週間で傷口が悪化することを心配しておりましたが、
もう心配が無用なレベルで傷口が塞がっていました。
そして切除したデキモノの病理検査の結果は、基底細胞癌 という悪性腫瘍でした。
このデキモノは放っておくと、デキモノの数が増えていくタイプのものでしたが、今回の手術で目に見えるデキモノはすべて切除しました。
しかし、今のあんずちゃんの若さでこの悪性腫瘍を患ったことを考慮すると、あんずちゃんは腫瘍ができやすい子なのかもしれません。
今後も再発する可能性も十分にありえるため、本日付で あんずちゃんはハムメディアで終生飼養するサポートファミリーハムスターになりました。

■保護経緯
第三者からの情報提供を受け、ペットショップより保護をしました。
たんぷくん(HAM078)・ふゆりくん(HAM079)・ねおくん(HAM081)と一緒に保護されました。

この子のいるエリア
千葉県

保護日
2022年03月18日


●○お世話情報○●


現在の居住状態
床材:ごきげん快適マット
給水器:置型
回し車:サイレントホイール15
巣箱:陶器製
ごはん皿:陶器製
トイレ:SANKO ドワーフハムスターの快適トイレ
ケージ:シャイニー45

■特記事項(生活スタイル、リズムなど)
・日中はほとんど寝ています。
・活動開始は23時以降。
・おしっこはケージのはじっこでします。
・うんちはトイレでしてくれています。
・食事はペレットを主食としてよく食べてくれています。
・遠い先祖の野生の記憶があるのか、ハウスからごはん置き場に移動する際はすごいスピードで移動します。(人間がケージ前に居たら興味津々に寄ってきます)
・へやんぽをすることが大好きです。


●○預かり報告○●(最新の画像や動画はコチラ)


報告日:2022/09/10
食欲:普通
体重:36.0g
便の状態:普通
その他特記事項
術後の経過は良好で、傷もほとんど塞がってきている。
ちなみに手術で使った糸(紫色)が見えているが、その内ポロッと取れるらしいので問題はない。

■病理検査の結果
悪性の腫瘍であることが発覚。
しかも放っておくと、身体の別の部位にも広がっていくタイプだったらしく、胸付近に2つの腫瘍があったのもそのせい。

とりあえず、今回の手術で綺麗に切除はできたものの、今後再発する可能性もある。
注意深く様子を見てほしいとのこと。

報告日:2022/09/03
食欲:普通
体重:0.0g
便の状態:普通
その他特記事項
1日入院して、1日ぶりにあんずに再会。
入院中もいつも通り元気だったらしく、ペレットとオヤツを食べてた様子。
傷口は少し気になる素ぶりを見せており、診察中もちょっと気にしていた。

縫った糸は溶けるタイプらしいので、抜糸は不要。
経過観察を診せるために来週くらいを目処に再診予定。

切除した部分は病理検査を行う予定。

消炎剤の飲み薬を1日1回行う。
傷口を気にして悪化しないか自宅で要観察。

報告日:2022/09/02
食欲:普通
体重:34.8g
便の状態:普通
その他特記事項
手術当日の朝。
あんずはいつもどおり、アグレッシブにへやんぽアピールをしている。

いつも寝起きはとてもいい方なので、術後の麻酔もその調子で目覚めてくれると信じている。

午後4時前に無事に手術が成功し、麻酔からも目覚めたと電話をもらい、ひとまず安心した。
術後直後ということもあって、本日は念のために入院することに。

報告日:2022/08/27
食欲:普通
体重:34.0g
便の状態:普通
その他特記事項
毛並みは現状維持に近いが、胸のデキモノは日に日に大きくなってきている。
デキモノ自体を齧ったり、ジュクジュクしている ということはないが、切除手術することを前提にセカンドオピニオン。
デキモノが大きくなっているスピードから考えて、良性の腫瘍である可能性は低そう。
そしてデキモノは厳密には 2箇所できている。(大きいもの1個と小さいもの1個)

手術するなら両方とも切除する。
ただし、一気に2つできていることから考えて、また再発や別の場所に発生する可能性もありそう。

報告日:2022/08/20
食欲:普通
体重:34.0g
便の状態:普通
その他特記事項
毛並みは胸あたりから上はハゲたまま。
上半身側は少し毛をむしったっぽい。
ちょっとフケっぽいものがある。
デキモノは少し大きくなった。

皮膚検査をしたところ、酵母が増えてたので、今までのお薬に抗真菌材を加えたものを処方。

報告日:2022/08/14
食欲:普通
体重:34.0g
便の状態:普通
その他特記事項
相変わらず元気娘。
しかし、胸のデキモノがやはり目立ってきているように見えるので、今年中に切除手術が必要かもしれない。

報告日:2022/08/06
食欲:普通
体重:34.0g
便の状態:普通
その他特記事項
今のお薬がよく効いてるが、脱毛の原因自体は完治できてない。
お腹の上あたりは少し禿げた。(黄色い分泌物も若干あり)
デキモノが少しずつ大きくなってきているように見えるが、これ以上大きくなるようなら手術して取ってしまったほうが良い。
2週間後に再診予定。

報告日:2022/07/23
食欲:普通
体重:33.0g
便の状態:普通
その他特記事項
今のお薬がよく効いてそうなので、今後も同じお薬を継続。
デキモノ付近は禿げてる。

報告日:2022/07/09
食欲:普通
体重:32.0g
便の状態:普通
その他特記事項
毛は結構生えている(単純に抜けるサイクルの前だから?)

胸にあったデキモノが大きく目立ってきている。
もしこれ以上大きくなるようなら、切除手術をしたほうが良い。

今回は前回のお薬の成分からステロイドを抜いたものを処方。
2週間後に再診予定。

報告日:2022/06/25
食欲:普通
体重:31.0g
便の状態:普通
その他特記事項
今回は毛が生えてこなかった。
お腹に黄色いものが付着していたので、それを拭って顕微鏡で検査。

マラセチア(酵母菌)が確認されたので、それに対するお薬を使うことになった。
最近、へやんぽで縄張り意識が芽生え、明るい時間帯でも猛烈にへやんぽしたいアピールをしてくる。

報告日:2022/06/11
食欲:普通
体重:31.0g
便の状態:普通
その他特記事項
再び毛がハゲてしまった。
ステロイドは少しは効いてたっぽいので、ステロイドの比率を少し増やして様子を見る。

報告日:2022/05/28
食欲:普通
体重:31.0g
便の状態:普通
その他特記事項
今は6割くらいフサフサ。
通常の毛が生えるサイクルが3週間に1回。
このサイクルに近い頻度で脱毛している。
ステロイドを飲み始めてから、まだ脱毛はしていないので、しばらくは今の薬で様子を見る。

報告日:2022/05/13
食欲:普通
体重:31.0g
便の状態:普通
その他特記事項
前々回の通院時と同じ脱物具合になってしまった。
胸のあたりにイボみたいなものが2つあった。
新たにステロイドを含んだお薬で1週間様子見る。

報告日:2022/05/09
食欲:普通
体重:32.0g
便の状態:普通
その他特記事項
変わらずお薬は続けていたが、お毛毛が順調に生えてきてたのにやはりまた脱毛してしまった。
お薬が効いていたから生えてきていた とは言い難いのかもしれない。

報告日:2022/04/30
食欲:普通
体重:32.0g
便の状態:普通
その他特記事項
2週間ぶりの通院。
1週間ほど前にお腹の毛がちょっと復活している兆しがありましたが、今日は過去最高にお毛々がフサフサになりました。
しかし、回復の兆しが見えてもまた元通りに…という前例もあるので、このまま完治するまでは気を抜かずにお薬を続けていきます。
あんずちゃんは相変わらずお薬はイヤイヤですが、お薬あげた直後におやつをあげることでご機嫌を取ってもらってます。

報告日:2022/04/24
食欲:普通
体重:31.4g
便の状態:普通
その他特記事項
お薬はイヤイヤながらも飲んでもらってる。
(お薬飲めたら間髪おかずにウマウマをあげる)
今日ふとお腹を見てみたら、ちょびっと毛が生えてきていることを確認!
またお薬が効いてきたのかもしれない。

報告日:2022/04/10
食欲:普通
体重:32.0g (病院にペレットを0.5個持参してきたので31g台と思われる)
便の状態:普通
その他特記事項
毛並みが以前と同じようなハゲ具合になっている。
ただ、以前のようにカサブタの跡があるというわけではなく、今回は 黄色っぽい跡があり、乾燥肌になっている。

濡れた綿棒で 黄色の部分の成分を取り、それを検査。

細菌と多めのマラセチア(元々ハムに付いてる酵母)を検出。
おそらく増えすぎたマラセチアで毛繕いの頻度が増え、自分の毛もむしってしまった。
免疫が低下してきているので、抗生剤とサプリの種類をすべて変えて1週間後に再診。

報告日:2022/03/26
食欲:ぼちぼち
体重:32.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項
カサブタらしきものが1箇所あるが、毛は少し生えてきた!
改めてハムちゃんの回復力の早さに驚きつつ、悪化するスピードも同じくらい早いはずなので、引き続き気を引き締めたい。
あんずの体重の減りは、お薬が胃もたれを起こしていた可能性もあるので、同じ成分で胃に優しいタイプのお薬に切り替え。
真菌検査の途中経過では、カビが新たに発生した様子はない。
脱毛の原因は入荷当初の細菌感染が原因である可能性が高そうなので、栄養をつけてもらいつつ、お薬で免疫をつけていく。
手のデキモノに関しては、膿が溜まっているタイプの白いデキモノ。
まだ熟してないので、ハリを刺しても、膿を出し切ることは難しく、成分の検査もできない可能性があるので、今回はひとまずお薬で様子見。
来週の診察で再度確認。

報告日:2022/03/24
食欲:普通
体重:32.1g
便の状態:問題なし
その他特記事項
人に対してとても友好的だが、飲み薬だけはすごく嫌がる(パニックでうんちポロポロ)
また、体重が昨日から32g台になってきたので、食いつきの良いもので体重維持を目指したい。
片手の甲がプクッと腫れているのを目視で発見したので、次の診察時に伝える。

報告日:2022/03/21
食欲:普通
体重:34.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項
動物病院にて健康診断を実施。
胸から腕にかけて、毛が著しく脱毛している。
また、皮膚炎およびカサブタも見られるため、抗生剤とサプリを混ぜた飲み薬を処方。
この子も念の為に背中に塗るタイプの薬(エボリューション)を投与。
次の診察は1週間後。

里親応募はコチラから