ハムスターの引き取り手をお探しの警察・行政・施設管理者の方へ

はじめに

ハムスターを保護していただき、ありがとうございます。
これまで当団体では警察および行政から保護されたハムスターを受け入れた実績がございます。
また、マンションの管理会社など施設管理者の方からも迷っていたハムスターの受け入れを依頼された実績もございます。
基本的には無条件でハムスターの受け入れを行っていますが、当団体の預かり飼養のキャパシティ状況によっては、一度にすべてのハムスターの受け入れができない場合もございます。
もし受け入れ依頼をするハムスターの数が多い場合は、当団体以外にも受け入れ先を並行してお探しください。

対応可能エリア:関東圏のみ

警察機関・行政機関(動物愛護センター、保健所、役所)の方の場合

保護受け入れのご依頼は以下のフォームよりご連絡ください。
担当のスタッフが折返しメールにてご連絡いたします。(警察や行政の業務終了時間の間際の場合はお電話にてご連絡差し上げる場合もございます)

連絡を受けた当日に対応可能なスタッフがいれば、当日にハムスターを引き取りに伺わせていただきます。

警察から受け入れたハムスターは遺失物の保管期限に則って、保管期限までは当団体のスタッフ宅で療養および飼養いたします。
保管期限を経過、または遺失物として期限を経過していないものの、警察署の判断で『処分』と判断した場合のみ里親募集を開始いたします。
※遺失物の『処分』は『殺処分』を指していないことは当団体でも把握しております。
※警視庁遺失物センターおよび関東圏のいくつかの警察署(会計課)には対面で名刺交換済みです。

行政から受け入れたハムスターはスタッフ宅で療養および経過を観察し、健康状態も問題がないことを確認が取れましたら里親募集を開始いたします。
独居の方が亡くなり、その際に家に取り残されたハムスターの一時的な引き取りなども対応いたします。(行政の方にもお立ち会いをお願いします)

 

施設管理者の方の場合

まずは施設管理者様の方で、遺失物として警察に届け出てください。
遺失物として届け出を完了後、保護したハムスターの受け入れ先が見つからない場合は、以下のフォームよりご連絡ください。
担当のスタッフが折返しメールにてご連絡いたします。(施設の営業終了時間の間際の場合はお電話にてご連絡差し上げる場合もございます)

連絡を受けた当日に対応可能なスタッフがいれば、当日にハムスターを引き取りに伺わせていただきます。

受け入れたハムスターは遺失物の保管期限に則って、保管期限までは当団体のスタッフ宅で療養および飼養いたします。
保管期限を経過、または遺失物として期限を経過していないものの、警察署の判断で『処分』と判断した場合のみ里親募集を開始いたします。
※遺失物の『処分』は『殺処分』を指していないことは当団体でも把握しております。