HAM管理番号
049

以下の基本情報は本ページ作成時のものです。


●○基本情報○●


仮名
むぎ くん

性別
男の子

生年月日
不明
推定1歳前後

種類
ゴールデンハムスター

毛色
キンクマ(色薄め)

出身地
不明

性格
穏やか、ビビリ、人馴れしている

食欲
あり

現在の主食
・ひかりハムハム
・イースター ハムスターセレクション
・野菜:ブロッコリースプラウト、ブロッコリー、にんじん、キャベツ等

便の状態
問題なし

病歴
腰から下のハゲ酷め

その他状態(毛並み、ケガなどしてないか)

■保護経緯
多頭崩壊のお宅よりレスキュー依頼があり保護しました。
いとくん(HAM047)じゅえるくん(HAM048)茶介くん(HAM050)クリームくん(HAM051)のぼるくん(HAM052)てんくん(HAM053)れいくん(HAM054)と暮らしていました。

保護日
2021年08月08日


●○お世話情報○●


この子のいるエリア
東京都

現在の居住状態
床材:柔心地、キッチンペーパー
給水器:置型(ハッピーサーバー)
回し車:SANKO U45 サイレントホイール フラット25
砂場:タッパー、SANKO バスサンド
巣箱:陶器製の巣箱 / ティッシュボックス
ごはん皿:陶器製
トイレ:SANKO セーフクリーン
ケージ:ルーミィ60 W54× D38× H29.5

■特記事項(生活スタイル、リズムなど)
・日中は、巣箱もしくはティッシュボックスの中でほとんど寝ています。
・活動開始は21時~23時頃。
・おしっこは、トイレでしてくれます。
・うんちは、ハウスもしくは周辺が多いです。
・食事にあまり興味がありません。ただし、野菜やおやつは手渡しすると受け取ってくれ、巣箱に持ち帰りゆっくり食べています。
・音や気配にとても敏感です。
・今のところ手乗りはあまりしませんが、慣れてくれたら乗ってくれそうな気配があります。
・回し車には少し乗りますが、活発に走ることは今のところありません。
・臆病な性格ですが外の世界に興味津々で、夜は出入口の前で出してほしそうにウロウロしています。
・ティッシュボックスの中に入って内側からかじるのが好きです。


●○預かり報告○●(最新の画像や動画はコチラ)


報告日:2021/11/28
食欲:あり
体重:145.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項
むぎ君はいつもと変わりなく、よく食べよく寝るとても良い子。
基本的は23-25時の間にご飯・部屋んぽすることにしているが、最近はご飯のあとはすぐに巣箱に帰ってしまう。
その後、深夜3-5時の間に部屋んぽしたそうに扉の前をうろうろしていることがある。
起きていれば出してあげられるけれど、寝てるときゴメンね、むぎ君…!

※お薬について
23日にお薬をもらいに病院へ。
駆虫薬:2日1回1滴
混合薬:1日2回2滴ずつ

報告日:2021/11/15
食欲:あり
体重:144.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項
体調や様子は変わりなく元気。
最近はトイレでうたた寝している所を見かけることもある。
環境に慣れてきてくれたのなら嬉しい。

お散歩中にサークルの外に出たがって柵をかじろうとするのでかじり木を差し出すと夢中でガジガジとかじっている。
相変わらずご飯はふやかしたものしか食べないけれど、歯が弱くなったり噛み合わせが悪いことが原因ではないようなので良かった。

報告日:2021/10/23
食欲:あり
体重:144.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項
■下半身のおハゲ
真菌培養検査を受けたが、カビは検出されなかった。
おハゲはカビやダニの影響ではなく、腫物の影響で下半身の毛が薄くなっている可能性がある。
けれどアルカスが完全に駆虫出来ていないかもしれないので、お薬は継続しながら減らしていく。
※薬1:駆虫剤

■右腰の腫物
以前から変化がないことから悪性ではなさそうだが、良性の場合でもゆっくりと大きくなってくることがある。
高齢の可能性もあるので手術ではなく、薬でこれ以上大きくならないことを目標にするため、投薬は継続。

腫物の位置が腰の上なので、もしかしたら骨格に影響を与えている可能性もある。
腫物の大きさに変化があったり、今よりも歩きにくそうにしていたら、レントゲンを撮り骨の状態を確認した方が良い。

※薬2:配合薬

投薬について:
・薬1:1日1回1滴ずつ
・薬2:1日2回2滴ずつ

次回通院:
異変がなければ、経過報告のみで問題ない。
駆虫薬は投薬量を減らしたので、薬がなくなりそうなタイミングか、変化があった場合に電話で相談を行う。
混合薬は3週間に1回程度で新しいものに交換。
※11月13日頃

報告日:2021/10/09
食欲:あり
体重:144.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項:■下半身のおハゲ
以前よりは産毛が増えているものの、だいぶ時間がかかっているようなので念のため真菌培養検査をしてもらった。
2週間後に再通院、お薬は継続。
※薬1:駆虫剤

■右腰の腫物
大きさ等に変化なし。
今後も投薬を続けていく必要あり。
※薬2:配合薬

■そのほか
寝癖なのか毛繕いが上手くできていないのか、一部の毛が固まってしまうことがある。
また歩き方も少しよたよたとぎこちなく見える。
そのため、もしかしたら高齢(2歳に近い)の可能性があるとのこと。

投薬について:
・薬1:1日1回2滴ずつ
・薬2:1日2回2滴ずつ

次回通院:
10月23日

報告日:2021/08/21
食欲:あり
体重:140.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項

■下半身のおハゲ
ニキビダニ(先生はアルカスと読んでいた)がいる。
保護されたときよりは良くなっているのかもしれないが、今後は投薬で治療を行う。
※薬1:駆虫剤

■あごの下の皮膚の炎症
皮膚が擦れて皮膚炎症(潰瘍)を起こしている。
ニキビダニによる影響で皮膚が弱っていることも要因のひとつ。
※薬2:配合薬

■右腰の腫物
1.5cmの腫物ができていた。
投薬治療を行うがもし大きなってしまったら治療方法の再検討するため、日頃からよく観察。
(診察中に腫瘍の写真が上手く撮れなかったので、後日撮影したものを添付)
※薬2:配合薬

■右下の白い歯
白くなっている歯は弱っているので、曲がったりしていないか定期的に確認を行う。
薬はなし。

  • 投薬について:
    下記のお薬を3週間続ける。
    ・薬1:1日1回2滴ずつ
    ・薬2:1日2回2滴ずつ

報告日:2021/09/03
食欲:あり
体重:142.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項:陶器の巣箱をまったく使っていないようなので撤去。
ティッシュボックスがむぎのお家に確定。
巣箱よりは広いし、お篭もり好きなむぎには良いのかもしれないが、エサ皿のそばにボックスごと移動してきて、顔を少し出してご飯を食べるようになってしまった…。
完全に引きこもり生活を楽しんでいる様子。
もう少しお外で遊んで欲しいけど、回し車もあまり乗らない、砂遊びしない、だとなかなか…。

報告日:2021/09/28
食欲:あり
体重:145.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項
9/25
ふやかしたペレット(ハムセレ5g、ひかりハムハム2g)、ドライ豆腐※、にんじん、キャベツ、ブロッコリー、かいわれ大根
9/26
ふやかしたペレット(ハムセレ5g、ひかりハムハム2g)、ドライ豆腐※、にんじん、キャベツ、ブロッコリースプラウト、パプリカ、いちご、ヨーグルト
9/27
ふやかしたペレット(ハムセレ5g、ひかりハムハム2g)、ドライ豆腐※、にんじん、キャベツ、ブロッコリー、かいわれ大根
9/28
ふやかしたペレット(ハムセレ5g、ひかりハムハム2g)、ドライ豆腐※、にんじん、キャベツ、ブロッコリースプラウト、
※薬添加

報告日:2021/08/19
食欲:あり
体重:0.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項
キャベツをあげる際に手の方に誘導したら、前足だけ乗せてくれた。

いつもは野菜やおやつをあげると頬袋にしまうか、すぐに巣箱に帰るかだが、ささみをあげたらその場で食べてくれた!

おさんぽサークルからの脱出を試みて降りれなくなっているときも、以前よりもすぐに手に乗ってくれるようになった。
今日は初めて後ろ足まで砂場も入ってくれた!
あっという間に出てきてしまったが、いつか砂遊びの楽しさや気持ちよさを知ってくれたら嬉しい。
また、お散歩中に置いているティッシュボックスの上面までガリガリと削っていて楽しそうだったが、アゴと首の間が赤くなっていた。
元からなのかわからないので、通院時に動画を見せつつ診断してもらう。

ケージの中に入れていたパパイヤの枝も齧ってくれているので、りんごの枝も追加してみた。

慣れるまであまり掃除をしない方が良いかと思い巣箱をそのままにしていたので、今日初めて巣箱を掃除をした。
ご飯の貯蓄はしていなかったが、予想以上にうんちが多く汚れていたため、今後はもう少し頻繁に掃除を行う。
けれど掃除されたのが嫌だったのか、かじるように置いているティッシュボックスの中で引きこもりを開始してしまった…。
キッチンペーパーを持ち込んでいるので、ティッシュボックスが巣箱として定着してしまうかも…!!

報告日:20xx/xx/xx
食欲:xx
体重:0.0g
便の状態:xx
その他特記事項

里親応募はコチラから