HAM管理番号
082

以下の基本情報は本ページ作成時のものです。


●○基本情報○●


仮名
とろ くん

性別
男の子

生年月日
2020年10月~2021年1月頃
※推定年齢:1歳3ヶ月~1歳6ヶ月

種類
ジャンガリアンハムスター

毛色
パールホワイト

出身地
不明

性格
人には慣れているようで、抱っこを嫌がりません。
とても穏やかで優しい子のようです。
好奇心も旺盛で、すぐにケージ内を探索していました。

食欲
あり

現在の主食
・ペレット
・雑穀類
・生野菜(ブロッコリー、キャベツ、にんじん等)
※ペレットと雑穀類が半々くらいだったので、ペレットメインにしていく予定です。

便の状態
問題なし

病歴
・全身の脱毛
・手足の腫瘍、腫れ物
・目の腫れ

その他状態(毛並み、ケガなどしてないか)
保護日当日に動物病院にて診察を受けました。
結論から言うと、とても重症な子です。

・毛並みや皮膚の炎症の有無
炎症:なし
ニキビダニ:なし
カビ:真菌培養検査中
→10日後に電話で結果確認。

手首、足首の関節がうまくはまっておらず炎症を起こしている。
レントゲンでの骨格確認により、腰椎の椎間板に隙間がなくなっていることから、元々、骨や関節が弱かったと考えられる。
(ハムスターの骨は細く小さいので、関節炎になる子は多い。一箇所関節炎になると、ほかの手足にも症状がでる。)
右手の関節炎は特にひどく、慢性炎症からの腫瘍(※)になっている。
左手と左足にも関節炎による腫れ物があり、左足は足の方向が左向きになってしまっている。
おそらく痛みがあるため、痛み止めが必須。
※関節炎が腫れ物に変わるまでには時間がかかるため、だいぶ前から症状が出ていたと考えられる。

・目の腫れ
関節の腫れ物があるため、上手く毛繕いができずに擦れてしまい、腫れてしまっている。

・尿や糞
問題なし

・爪の長さ
問題なし

・歯の状態
上の歯が内側に巻き込むように生えており、不正咬合ぎみ。
現時点では下の歯で削られているので問題はないが、ご飯を食べなくなったら要注意。

・その他
股関節や背骨、内蔵には異常なし。
体力はあるのでこのままご飯を食べてもらい、薬で痛みを止め、腫瘍を大きくしないことを目標に生活をする。

■保護経緯
ペットショップの店長様から相談を受け、保護しました。
この子は元々店舗に入荷されたわけではなく、一般の飼い主さんが店舗にハムスターを連れてきて、お世話ができなくなったので店舗で引き取ってほしいという依頼が発端でした。
店舗に連れてこられた時点では、スキニーハムスターのように全身ツルツルで毛がない状態でしたが、店舗側で可能な範囲で療養し、毛が少しずつ生えてきました。
しかし、次第に目が開くなり、最近は症状が重くなってきているように見受けられ、そのタイミングではハムメディアとやり取りする機会があったので、店舗から保護要請を受け、それをハムメディアが引き受けました。
たんぷくん(HAM078)・ふゆりくん(HAM079)・あんずちゃん(HAM080)・ねおくん(HAM081)と同じ店舗にいました。

この子のいるエリア
東京都

保護日
2022年04月05日


●○お世話情報○●


現在の居住状態
床材:柔ごこち、キッチンペーパー
給水器:置型(ハッピーサーバー)
回し車:SANKO U45 サイレントホイール 17
巣箱:陶器製(切り株)
ごはん皿:陶器製
トイレ:SANKO セーフクリーン
ケージ:ルーミィ60

■特記事項(生活スタイル、リズムなど)
・決まった時間に活動するのではなく、目が覚めたときにケージ内をふらふらお散歩しています。
・よくケージの外を見ているので、外に興味があるようです。
・回し車には乗ったことがなかったようで、ぎこちないですが少し回しています。
・おしっこは回し車や回し車の裏でしてしまいます。(今までトイレを使ったことがなさそうです。)
・うんちは決まった場所ではしません。
・食欲はあり、手渡しでも食べてくれます。特に葉物野菜が好きなようです。
・種類によって好き嫌いはありますが、ペレットも種類も食べてくれます。
・手乗りしてしまえば抵抗しませんが、乗る前は甘噛みをしたり避けようとするときもあります。
・音や光、人の気配等に過敏に反応することもなく、マイペースに生活しています。
・寝る場所は、ハウス、回し車の裏、ケージのすみ、気分で変えているようです。
・床材はトイレ砂をほりほりするのが好きなようです。


●○預かり報告○●(最新の画像や動画はコチラ)


報告日:2022/05/14
食欲:あり
体重:55.0g
便の状態:異常なし
その他特記事項
右手の腫瘍の内出血も元の色に戻った直後、また紫色になってしまいました。
出血等の外傷はないため、どこかにぶつけたのだと思います。
ひとまず、よく登っていた温湿度計は別の場所に移動させました。
また、預かり当初より腫瘍のサイズも大きくなってしまったように感じます。
辛そうな様子は見られませんが、次回病院に行く際に相談しようと思います。

報告日:2022/04/29
食欲:あり
体重:54.0g
便の状態:異常なし
その他特記事項
最近は温度変化が激しいですが、とても元気に過ごしています。
手には慣れてきましたが、手乗りは抵抗があるようです。
(初日の大人しさは緊張なのか、猫かぶりなのか…笑)
以前はペレットを残すことが多かったですが、ふやかしペレットにしてからは毎日完食してくれるようになりました。
そのかわり給水器からお水を飲むことは少ないようで、あまり減っていません。

ケージ掃除後のご褒美でひまわりの種をあげたところ、齧ったあとはありましたが、そのまま残っていました。
歯が内向きに生えているせいで噛みにくいのかもしれないので、これからは殻を剥いてからあげるようにします。

関節炎により不自由はありますが、回し車にも慣れてきました。
お散歩に出してほしいときはとても元気いっぱいケージをトントンの叩いてアピールしてくれ、お散歩中もあっちへこっちへとことこと走っています。
上を見上げるとそのまま後ろに転んでしまうことが多く見ている方は心配になりますが、本人は気にしていないようです。

報告日:2022/04/10
食欲:あり
体重:54.0g
便の状態:異常なし
その他特記事項
よく食べ、よく寝て、たまに運動して、健康的な生活をしてくれています。
トイレは相変わらず回し車の上や裏、ケージのすみにしてしまうので、回し車の位置とトイレの位置を交換してみました。
しばらくこの配置で様子を見ようと思います。

腫れ物・腫瘍の影響で、やはり毛繕いはしづらいようです。
特に手足の方向が外側に向いてしまっている左側は難しいようで、指先ではなく、かかとを駆使して毛繕いしていることもありました。
目も変わらず腫れていて開けにくそうにしていますが、病気ではなく、毛繕いがうまくできないため擦れてしまってのことと診断されたため、目薬等で楽にしてあげることができず歯がゆいです。

右手の腫瘍は大きいため気になるようで、腫瘍部分を舐めているところをよく見ますが、噛んだりはしていません。

まだうちに来て間もないことと、真菌培養検査の結果が出ていないことからお散歩は控えています。
早くお外にだしてのびのびと遊ばせてあげたいです。

※ペレットの量:合計4g(ハムセレとヒカリハムハムのほかに、日替わりで2種類ほど)
※ペレットの種類:ハムスターセレクション、ヒカリハムハム、ハムスタープラスダイエットメンテナンス、ハムスタープレミアムフードドワーフ用、ハムスターヘルシープレミアム、彩食健美ドワーフ用

報告日:2022/4/6
食欲:あり
体重:56.0g
便の状態:問題なし
その他特記事項
保護日は手乗りを嫌がりませんでしたが、今日は甘噛みをしたり、手を避けるようなしぐさをしていました。
必要最低限は触れないようにして、時間をかけて慣れてもらおうと思います。

ペレットの種類によって選り好みしているようですが、最低限は食べてくれています。
葉物野菜やブロッコリーが好きです。
手渡しでも少し食べてくれますが、その場合はかじる程度で、完食や頬袋にしまって持ち帰ることは今のところありません。
お薬はプロテインバイトやラクトバイトに混ぜて与えており、こちらは完食してくれます。

トイレはおそらく今まで使ったことがないようで、ほりほりして遊ぶ場所になっており、回し車でおしっこをしています。
おしっこを染み込ませたペーパーをトイレに置き、トイレトレーニングをしてみます。

診察時は腫れ物によって左後足の向きが変わっていると言われましたが、左前足も外側を向いてしまっているように見えます。
本人はあまり気にしている様子はなく、元気に歩いています。
ケージ内のバリアフリー化を検討していますが、床材を掘ることや、トイレでの砂遊び、深めのご飯皿に入って毛繕い・お昼寝も好きなようなので、元気なうちは段差にスロープのようなものを設置した方が良いかもしれません。
寝る場所は、ハウス、回し車の裏、ケージのすみ、ご飯皿、気分で変えているようです。

報告日:20xx/xx/xx
食欲:xx
体重:0.0g
便の状態:xx
その他特記事項

報告日:20xx/xx/xx
食欲:xx
体重:0.0g
便の状態:xx
その他特記事項

報告日:20xx/xx/xx
食欲:xx
体重:0.0g
便の状態:xx
その他特記事項

里親応募はコチラから